MRの給料 ジェネリック

ジェネリックMR 年収

ジェネリックMRとして転職した場合の年収はどのような相場、平均となるのでしょうか。

MRは元々、他の職業と比較をして平均年収は高いですが、ジェネリック医薬品を扱うメーカーへと転職をして年収はアップ、ダウンどちらになる事が多いか気になる方も多いと思います。

長時間労働になりがちで休日も仕事が入りやすいMRという仕事。

だからこそ、見合った年収は欲しい、というのが本音ではないでしょうか。

ジェネリック医薬品メーカーのMRの年収

新薬と比べてジェネリック医薬品は薬価が低く抑えられます。

そのため、ジェネリック医薬品メーカーはあらゆるコストを抑える必要があります。

広告宣伝費、そして人件費も当然そこには含まれてきます。

ですから、ジェネリック医薬品専業の製薬会社の場合には、MRの年収も新薬メーカーと比較をすると低くなる傾向にあります。

逆に新薬も扱いつつジェネリック医薬品も扱うという製薬会社の場合には、年収はそれほど下がらない場合が多いでしょう。

企業の経営状態としても、新薬+ジェネリックとハイブリット戦略を採る製薬メーカーが年収ランキングでも上位に増えてきているようです。

年収も含めてMR転職の条件を検討したい場合には、ジェネリック医薬品専業の製薬会社を目指すのか、新薬+ジェネリック医薬品のハイブリット戦略を採る会社なのかをまずは考えてみても良いかもしれません。

製薬会社が今現在、どの程度中途採用に積極的なのかといった情報を得るには、MR転職サイト、紹介会社に登録をして情報を得るのが最も効率が良いでしょう。

沢井製薬などは社内にジェネリック医薬品の販促体制を整える見直しをかけていますし、他の製薬企業も同様の動きになりつつあります。

今後もジェネリック医薬品の取り扱いは増えていくでしょうから、先んじて転職し、キャリアを積むという選択肢も良いと思います。

DPC病院も増えてきていますから、ジェネリック医薬品の市場が伸びる条件は揃ってきてきます。

ジェネリックMRとして転職をお考えの方は、転職エージェントを活用して、情報を得て頂きたいと思います。

ジェネリックMR募集