ジェネリック医薬品 メリット

ジェネリック医薬品のメリットについて

先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に販売されるジェネリック医薬品。

そんなジェネリック医薬品のメリットとして挙げられるのは価格の安さです。ジェネリック医薬品は開発期間と費用の関係から、安価で利用できるケースが多いです。そのため患者さんの医療費負担が軽減されるというメリットがありますね。

もう一つのメリットとして「飲みやすさ」があります。先発医薬品は大きなカプセルだったけれども、「味や大きさを工夫して飲みやすい剤形にしている」というメリットがあるでしょう。

上記は患者さんのメリットですが、MRとしては価格という切り口から営業しやすい、という点がメリットになるのではないでしょうか。

先発医薬品の導入に関しては、安全性と明確な効能、ブランド力がきっかけになることが多いですが、その分価格も高額になるケースがあります。

逆にジェネリック医薬品は安価で導入できることが多く、予算を削りたい病院、医師に対して情報提供しやすい、というメリットがありますね。病院の規模にもよりますが、億単位の経費削減が出来るケースもあるそうです。

看護師を初めとした人件費の削減はなかなか難しく、コストカットという観点から病院経営を見直した時に、ジェネリック医薬品を積極的に導入している病院もあります。

実際ジェネリック医薬品のシェアは伸びていて、国内企業、外資共に市場は広がっているようです。

裏返せば、それだけMRが活躍する機会があるということですね。新薬からジェネリック医薬品へ転職するMRもいますし、新卒、第二新卒でもジェネリック製薬企業で働きたいと希望している人もいます。

就職・転職のしやすさ、給与・年収、採用状況に関しては、人材紹介会社・転職エージェントに問い合わせてみて下さいね。

MR求人は年間一定で募集されるというよりも、採用ニーズが高い時期がありますので、そのようなシーズンに合わせて転職活動を行うのも一つの方法です。

一般的に冬のボーナスが支給される直後の1月や、春先の4月などが増えると言われていますね。他にも7月や10月に求人案件が増加することもありますが、詳細状況に関しては紹介会社の担当者に相談しながら進めて下さい。

以前MRとして働いていたが一旦異業種に転職し、もう一度MRに復帰したい、そのような方の転職成功事例も聞きますし、ジェネリック医薬品メーカーに転職するために戦略を一緒に考えてもらえると思います。

DODA転職サービスやリクルートエージェントを利用しながら、効率的にジェネリック医薬品企業の求人探しを行って頂ければと思います。

ジェネリックMR募集