ジェネリック医薬品 将来性

ジェネリック医薬品の将来性について

MRとしてジェネリック医薬品メーカーへの転職を考える中で、将来性が気になりますよね。

将来的に市場が縮小するのか、もしくは拡大するのか、未来の見通しを知ることで積極的にジェネリックMR求人を探せると思います。

もちろん確実な予測は出来ませんが、ジェネリック医薬品に関する様々な情報から判断すると、今後普及率が高まる可能性が高いようです

たとえばアメリカやイギリス、ドイツでは、普及率が数量ベースで50%に達しているそうです。アメリカだけに限定すると70%の普及率、という情報もありましたね。

しかし日本やフランス、イタリアはジェネリック医薬品の普及率が停滞しており、全体の10%というデータも見られました。

それだけ考えると将来性は暗い印象を受けますが、政府としても医療費の高騰を避けるため、様々な抑制政策を打ち出しています。その一つにジェネリック医薬品の導入促進がありますね。

今後さらに高齢者が増える中、医療費の高騰は大きな問題となっていますので、必然的にジェネリック医薬品の普及促進が進むのではないでしょうか。

実際、「すでにジェネリック医薬品は競争時代に突入している」という見方をしている方もいます。

一昔前はなかなか良い評価を得られなかったジェネリック医薬品ですが、上記のような政策もあり、正当な評価を得られる状況に変化しています。その結果、新薬メーカー、外資の製薬企業が相次いで参入している状態にあるようです。

尚、矢野経済研究所によると、「2018年までに数量ベースシェアが60%に達する」と予想されています。新薬の市場シェアが伸びることにより、新薬か後発医薬品かという二択の時代が来ているのかもしれません。

ジェネリック医薬品のシェア率が伸びれば、それに比例してMRの求人募集も増えるのではないでしょうか。

今の内にジェネリック医薬品メーカーに転職してスキルとキャリアを築くことで、今以上に市場が伸びた時に、より有利な条件で転職できるかもしれませんね。

以上、ジェネリック医薬品の将来性についてお伝えしましたが、詳細な情報については人材紹介会社に問い合わせてみて下さい。

MR求人に強いコンサルティング型の人材紹介会社を利用することで、市場の将来性、普及率も含めて、あなたをサポートしてくれますよ。

ジェネリックMR募集