ジェネリック医薬品メーカー 年収

ジェネリック医薬品メーカーの年収に関して

ジェネリック医薬品メーカーの年収ですが、新薬を扱う製薬メーカーと比べて低い傾向にありますね。

実際にジェネリック医薬品メーカーで働くMRの声を聞いても、「数年経っても基本給が変わらない」「報酬体系がいい加減」といった感想も見られます。

中には「上司へのゴマすりで評価が変動する。MR未経験の中途採用にボーナスで負けた」といった意見もありますね。

確かに「基本給が上がりづらい」という側面はあると思いますが、社内評価が変動するのはジェネリックも新薬も変わらないのではないでしょうか

更に言えば、製薬メーカーに限らず、他の業界でも同じですよね。

私も以前働いていた会社に「上司が見ている場所では仕事するけれども、見えない場所で手を抜いている」正社員がいました。

しかし上司に気に入られていたので、高収入を得ていたんですよね。営業のビラ配りで外出しても、ビラを撒かず捨てていたり…そういうことを平気で行う社員が評価されるとモチベーションが落ちますよね。

こっちは真面目に仕事してるのに…と何度も思ったものです。

しかし、それも含めてサラリーマン社会ではないでしょうか。会社は人間関係で成り立っていますし、上司に気に入られるかどうかも大切な要素と言えます。

ジェネリック医薬品メーカーも同じですよね。

新薬と比較して年収・給与は低いかもしれませんが、目標数字をクリアした上で、社内で上手く振る舞うことが出来る、周囲としっかりコミュニケーションを取って良い印象を与えられると、収入も上がりやすいのではないでしょうか。

もちろん全体的に賃金が抑えられていることもありますが、少しでも高い年収を希望する場合は、新薬+ジェネリックの製薬メーカーを志望してみて下さい。

詳細はジェネリックMR 年収にも記載していますので、参考にして下さいね。

ジェネリック医薬品自体は、今後もニーズが高いと予測されていますので、将来性が期待できる業界と言えます。

まずはMR求人が豊富な人材紹介会社に登録して、実際に仕事探しを行ってみて下さいね。

ジェネリックMR募集